ままぱれ ママにうれしい身近な情報を毎月お届けします

宮城教育大学

自分や自分の大切な人を守れる人になれ。毎日の学びが、防災への道しるべ

震災がなければ、自分たちと同じ環境が続いていたはずの小学校という場所だからこそ、そこで起きたことを自分事として捉え、身に付けられることがあると思います。

震災遺構「荒浜小学校」の屋上に立つと、海から冷たい風が吹いてきました。あの日ここにいた方々はどんな思いで近づいてくるヘリの音を聞いたのか、仙台市中心部に建つ高層ビルの非常電源の灯りを見ていたのか。
その想いを自分事として感じて欲しい…。
震災遺構を学校でのこれからの学びに役立てる手引書を作った学生さんたちにお話をうかがいました。

「311いのちを守る教育研修機構」について教えてください。

小田:既存の「防災教育未来づくり総合研究センター」を改組し、本学の学生や全国の現職教員に対し、防災に関する教育研修を提供する拠点になります。本学には震災に関する様々な資料や実践の蓄積があります。県内の教員に限らず、首都直下地震や南海トラフ巨大地震も近い将来高い確率で発生すると言われていますので、本学の経験を共有しながら各学校の防災力や教員の防災リテラシーの向上のための研究・開発・研修を実施していきます。

仙台市若林区の震災遺構荒浜小学校を学校での防災教育に生かすために作成した、教員向けの手引書について

高見:震災遺構荒浜小学校が公開されてもうすぐ2年になり、修学旅行などで県外から見学に訪れる学校なども増えていますが、仙台市内の小中学校の見学はあまり増えていません。荒浜小学校をもっと防災教育に活用していただくために、この冊子を作りました。「私の防災から、私たちの防災へ。教員のための震災遺構を通じた『いのち』と『くらし』の学びの手引き」というタイトルで、見学と普段の学校教育を繋ぐための先生たちのアプローチの仕方、子どもたちの取り組み方についてまとめました。
 荒浜小学校の特徴は、1・2階は実際に被災した建物の見学ですが、4階の展示は被害についてだけでなく、荒浜小学校の長い歴史や、震災前には海とともに営まれた暮らしがあったことがわかります。その「くらし」の側面に気づくことによって、見学者が自分の暮らす地域や、自分の学校に置き換えて考えて欲しいと思っています。
大林:震災遺構の活用例として、3つの活用プランをご提案しています。1つ目は10時間程度の短期的なプランで「防災リーフレットをつくろう」というもの。荒浜小学校で起こったことを元に、自分たちはどうしたらいいのかを考え、リーフレットという形で表現します。2つ目は年間を通した防災教育として、小中学校の行事と関連を持たせるプランです。学校での避難訓練、プール開き、運動会、合唱コンクールなどから、緊急時の対応、水の取り扱い、地域との連携の重要性などを学んでいきます。
 一番の目玉になるのが3つ目で、各教科の学習と関連させた防災教育です。理科や社会科の地理の学習で地震のメカニズムや火山、地形について学んだと思います。それだけではなく、国語科では地震の様子が記されている鴨長明の「方丈記」や、津波の襲来を知らせた和歌山の「稲むらの火」などの文学作品に触れることで、現代の私たちへのヒントを感じ取ることができます。教科で学んだことが防災に生かされ、さらに荒浜に行った経験と繋ぐことで、より深く実感し多角的な見方ができることに気づいて欲しいです。
高見:私は音楽が専門なので、荒浜小学校の4階音楽室にあったピアノが、今は七郷小学校に移されて使われていることも入れさせていただきました。このピアノを囲んだ子どもたちのことを想像し、心で繋がる力を改めて考えることで、周囲の人たちを大切にし、防災のソフト面に繋がればいいと思います。


ほかの地域でもこれから震災遺構の公開が増えていきますね。

高見:学校で学校を見に行く、小学生が小学校に行くことに大きな意味があるんです。震災がなければ、自分たちと同じ環境が続いていたはずの小学校という場所だからこそ、そこで起きたことを自分事として捉え、身に付けられることがあると思います。
大林:この冊子だけでは掲載しきれない内容や、子どもたちが見学する時に活用できるワークシートをWebにアップしているので、県外の方にも見ていただけます。今後はこれを実際に活用してくださった方が、その実践報告ですとか、自分の地域の防災教育にどう生かせるかなどを、このWebでポータル的に情報を集めて共有したり、この手引書をアップデートしていければな、と思っています。


この教材を通して、子どもたちに特に伝えたいことは。

高見:震災があった時はふたりとも中学3年生でした。私は当時東京に住んでいて、音楽高校に進学したのですが、当時の映像に衝撃を受け、何のために音楽をやるのか悩みました。音楽には非言語の体験を共有することで、一体感をもたらす力があります。そこから生まれる人との繋がりを子どもたちに伝えていきたいし、その繋がりは単に防災だけでなく、もっと広い意味で社会をよりよくしていくことに繋がっていくのかなと思います。
 たくさんの知識を身に付けて、備えられる人になって欲しいと思いますし、荒浜小学校を訪れることでそこにあった「いのち」と「くらし」に思いを寄せることを本当に大切にして欲しいと思っています。 大林:同じ若林区で暮らしていたので、内陸部と沿岸部の被害の違いに言葉を失いました。通っていた中学校に避難された方がたくさんおられたので、ボランティアをすることにより、地域の人たちと知恵を出し合って何とか生き抜いていくということや、コミュニティの在りかたを考えるきっかけになったと思います。私は中学校の技術が専門なので、例えば、地震が起こった時にセンサーが揺れを感知し、自動的に電気のブレーカーを落とし二次被害を防ぐプログラムや機構を考える授業などもできるかなと考えています。いろんな教科で普段学んでいることが、いざという時に生かされるということを伝えていきたいですね。


ままぱれ読者にアドバイスをお願いします。

小田:これは教員向けの手引書ですが、ご家族で震災遺構を訪れる方にも参考になると思います。震災当時荒浜小学校に勤務されていた先生が、震災の前の日までそこにあった日常に思いを馳せて欲しいとおっしゃっていました。それによって、今ある生活のかけがえのなさ、命の大切さに気づくのだと思います。
 震災のあとに生まれた子どもたちは、風化ではなく記憶そのものがないわけですから、我々の世代にとっての戦争体験のようなものです。「怖いことがあったね」で終わるのではなく、自らの行動に繋げていける教育が必要です。被災時の経験を語りたくない親御さんもいらっしゃると思いますが、学校の課外活動などで震災遺構を訪れたお子さんと一緒に災害との向き合いかたを学ぶ参考のひとつになればと思います。


『わたしの防災から、わたしたちの防災へ』

http://drr.miyakyo-u.ac.jp/arahama/


PAGE TOP