ままぱれ ママにうれしい身近な情報を毎月お届けします

宮城教育大学

子どもたちが自分の気持ちをもっと豊かに表現するために

小学校や中学校の授業でやっているダンスってどんなものなのでしょう?
宮城教育大学の体育の先生は、舞台でも活躍している現役のモダンダンサー。
ダンスだけでなく、民俗芸能を授業に取り入れる狙いについてもお伺いしてきました。

小学校低学年の子たちはダンスの授業が好きですね。
例えば「ゾウ」を表現する時、最初は鼻を振る動作なのですが、それをもっと豊かに表現するため、ゾウの仕草やストーリーを考えさせます。

高校が一女(現・宮城県宮城第一高等学校)ですね。

 生まれは名古屋ですが、親の転勤で小学校3年から仙台に来て、その後一度引っ越し、また中学の途中から高校まで仙台にいました。大学から東京に行きましたが、家を仙台に構えていた父がひとりになったため、2年前にこちらに戻ってきました。


先生の研究・活動について教えてください。

 埼玉女子短期大学ではビジネス界に進む学生にダンスや体育を教えていました。今は先生になる人を育てる授業なので少々勝手が違いますが、試行錯誤しながらやっています。子どもたちがより豊かに表現できるように指導する先生をどう育てればよいのか、教材や言葉がけなど考えながら教えています。
 これまでの私の研究としては、「踊り手の身体表現は観客にどのような印象を与えるのか」「ダンス創作能力は通常の創造性や心身の健康と関係あるのか」というダンス関連や、「埼玉県小鹿野(おがの)町に伝承されている農村歌舞伎の表現の特徴」「地域に伝承されている民俗芸能は学校教育の中でどのように行われているか」民俗芸能関連などです。


ダンスは小さい頃から好きだったのですか?

 はい。横浜に住んでいた就学前から小学2年生まで児童舞踊を習いました。仙台に引っ越してからはクラシックバレエと世界の民族舞踊を習い、大学に入ってからモダンダンスやコンテンポラリーダンスを学び舞台に立ってきました。元々芸術系が好きで、高校の時は美術部だったのですが、お茶の水女子大学にダンスをやる学科があると知ってそこに進みました。ダンスは私の心身の健康を維持するために必要で、それを仕事にすることができて良かったと思っています。
 最近では3月に「Dinosaur’s Feeling“恐竜のきもち”」という公演で踊りました。お茶の水女子大学で指導教官だった石黒節子さんが主催するイシグロダンスシアターの公演です。石黒先生は「宇宙でダンスを踊る」という企画をやり、実際に宇宙飛行士の若田光一さんに国際宇宙ステーション「きぼう」で踊ってもらったので、その映像を上映したり、私も小品「袖萩祭文(そではぎさいもん)」を踊りました。仙台でもモダンダンスやコンテンポラリーダンスで活躍されている方々がおり、5月19日にはその方々との公演もあります。歌舞伎を題材にした作品を、着物風のドレスで踊ります。(インタビューは5月9日)


小学校の授業ではどのようなダンスをやるのですか?

 低学年では「表現・リズム遊び」、中・高学年では「表現運動」を体育の授業でやります。内容は表現遊びやリズムダンス(フォークダンス)です。低学年の子たちはこの授業が好きですね。例えば「生きもの」の表現。「ゾウさんになりましょう」といった時、最初は鼻を振る動作を楽しんでいるのですが、それをもっと豊かに表現するために、ゾウの仕草を考えたり、ストーリーを考えさせたりします。高学年の創作ダンスでは、例えば「激しい感じ」とか「私のダイアリー」といった題材で表現します。
 大学の学生たちにも指導方法を考えながら踊ってもらいますが、いろいろなアイディアを出すので面白いですよ。


小鹿野歌舞伎について教えてください。

 埼玉県の小鹿野町(人口11588人/2019年5月1日現在)で農村歌舞伎(地芝居ともいう。アマチュアの人が行う歌舞伎)が盛んに行われていると知り合いから教えてもらい、一緒に見に行き、面白くてハマりました。
 小鹿野町は合併で広くなったのですが、各集落で歌舞伎をやっています。昔は養蚕業が盛んで、山梨や長野、群馬と繋がる物流の要衝のような場所でとても栄えていたそうです。裕福な人が多く集落ごとに歌舞伎劇場があり、最初は役者さんを呼んで見て楽しんでいたのが、自分たちで踊りをやりたくなって、それが伝統となって現在まで続いています。
 どこの民俗芸能もそうですが、人口が減って小鹿野歌舞伎もどんどん廃れていった時に子ども歌舞伎を復活させようという動きが起こりました。さらに、教育委員会が仕掛け人になって10数年前から中学校の授業で行われるようになりました。埼玉の大学から仙台に来て通うのに不便になってしまったのですが、毎年新たな取り組みに挑戦しているので、目が離せません。
 東北ですと福島県桧枝岐(ひのえまた)村に歌舞伎がありますし、山形県の黒川能を見てみたいですね。仙台の秋保の田植え踊りは、学生の頃に取材に行ったことがあり、昔はもっとひなびた雰囲気だったのですが、また見てみたいと思います。これからは東北の民俗芸能についても、学校でどのように行っているのか、教育との関係に着目しながら調べようと思っています。


身体の維持のために気をつけていることを教えてください。

 身体的には適度な運動をして適量の食事と睡眠をとること、精神的には心のリフレッシュが大事ですね。さらに社会的な健康として、人との繋がりに気を配ることも大事だと思います。食事もバランスが大事で、ダンサーだから何か特別なものを食べているというのではなく、主食・主菜・副菜のバランスに気をつけて食べています。大学の先生はPC作業が多く、動かないことが続くと体調が悪くなるので、授業で学生と一緒に身体を動かしています。


ままぱれ読者にアドバイスをお願いします。

 お母さんたちも日常の仕事や子育てでどうしても前かがみになりがちなので、その場で思い切り伸びをしたり深呼吸してみましょう。背伸びして胸を反らせると、気分も変わりますよ。子どもたちが学校で習うダンスは運動会で発表することが多いので、一緒に練習してみるのもいいかもしれません。
 今はお仕事されているお母さんが多いですが、自分の経験からも働きながら子育てするのは大変だなと思います。なかなか難しいかもしれませんが、お母さんも自分の時間を大事にしてほしいですね。頑張って時間を作ってリフレッシュしたほうが、お子さんと接する時にいい関係が作れるのではないかと思います。


PAGE TOP